特別名勝 栗林公園 ミシュラン三ツ星 和船就航中

 

栗林公園の歴史

 

始まりは豪族の佐藤氏から、領主・生駒氏を経て、松平家へ

 

栗林公園古図 江戸中期

 栗林公園の始まりは、16世紀後半、当地の豪族佐藤氏によって、現在の小普陀付近に築庭されたのに始まるといわれています。当時は名称も「栗林荘」と呼ばれていました。寛永年間(1625年頃)に、当時の讃岐国領主・生駒高俊(たかとし)公によって南湖一帯が造園され、現在の公園の原型が形作られました。

 

 その後、寛永19年(1642年)生駒氏の転封に伴い入封した初代高松藩主・松平頼重(よりしげ)公(水戸光圀公の兄君)に引き継がれることになり、本格的に築園が始まります。さらに100年以上経た延享2年(1745年)、5代頼恭(よりたか)公の時に、園内六十景命名をもって完成しました。栗林公園の主な築園は、この初代高松藩主として本格的に造園に着手されてから以降、5代・松平頼恭公の代に至るこの約100年余りの時代になされたと言われています。

 

明治になり「栗林公園」となり、昭和28年に「特別名勝」に指定

 

栗林公園 掬月亭 推定明治時代 紫雲山より

5代頼恭(よりたか)公以来も歴代藩主が修築を重ね、明治維新に至るまでの228年間、松平家11代の下屋敷として使用されました。

 

 明治4年(1871年)高松藩が廃せられ、新政府の所有となり、明治6年1月公布された「公園に関する太政官布告」に基づいて明治8年(1875年)3月16日に名称も県立公園「栗林公園」として一般に公開されるようになりました。、さらに昭和28年3月には、文化財保護法による「特別名勝」に指定され、今日に至っています。

 

築庭にかけた歳月は100年以上

 

栗林公園は、初代高松藩主として本格的に造園に着手されてから以降、5代・松平頼恭公の代に至る約100年の長き歳月にわたり、ここまで完成されてきました。他の有名な庭園と築庭年数を比べると、水戸偕楽園は9年、岡山後楽園は13年ですが、栗林公園では、松平家の時代だけでも100年以上の歳月をかけて築庭しています。

 

多くの人々の長きに渡るの築庭のための愛情や努力がその造形美と時間の美(エイジングの美)を楽しむ庭園空間の場となり、侘びさびの「さび」にあたる時間の美がこの空間の魅力となっているようです。能に始まる目に見えるもの以外にも美しさを求める「幽玄」や、利休の枯淡の境地を示す「わび」も、この長い歳月をかけて作られた栗林公園において、来園者の感性に働きかけ、時間の美を堪能することができるのでしょう。

栗林公園の歴史関連ページ

交通アクセスと料金
栗林公園は、四国の香川県高松市にある公園で国の特別名勝に指定され、ミシュランの3つ星にも選定された四国を代表する名園です。しばらく前から南湖を南湖を和船で周遊する舟遊びが30分ごとに運行され人気を集めています。
見どころ案内
栗林公園の見どころの案内。栗林公園は、四国の香川県高松市にある公園で国の特別名勝に指定され、ミシュランの3つ星にも選定された四国を代表する名園です。しばらく前から南湖を南湖を和船で周遊する舟遊びが30分ごとに運行され人気を集めています。
舟遊び 和船周航
栗林公園は、四国の香川県高松市にある公園で国の特別名勝に指定され、ミシュランの3つ星にも選定された四国を代表する名園です。しばらく前から南湖を南湖を和船で周遊する舟遊びが30分ごとに運行され人気を集めています。