特別名勝 栗林公園 ミシュラン三ツ星 和船就航中

 

栗林公園は、至便な高松市内の中心部に位置し、広大な自然環境の中、緑豊かな紫雲山を借景にし、変化にとんだ庭景は「一歩一景」を演出している。

 

栗林公園

紫雲山の麓に広がるこの名園は、廻遊式大名庭園として名高く、国の特別名勝に指定され、近年では権威あるミシュランで、「わざわざ旅行する価値がある」を意味する三つ星に格付けされるなど、国内のみならず海外からも高い評価を得ています。

 

 

栗林公園は四国を代表する天下の名園

 

掬月亭 栗林公園

栗林公園の始まりはまず16世紀後半、まず、「栗林荘」として当時の豪族佐藤氏によって築庭された。その後、讃岐領主の生駒氏によつて造園され、高松藩主松平家へと歴代藩主によって本格的な修築が始まり整備がされていきました。

 

面積においては全国に36ヶ所ある特別名勝のなかでも、日本最大の広さを誇り、敷地面積は、約75万平方メートルに及ぶ。
300年以上の歴史のある日本式の南庭と明治以降に整備された洋風の北庭に分かれ、自然美と造形美が融合した四国で唯一の回遊式大名庭園である。

 

南湖で和船周航 大名気分で舟遊び!

南湖では毎日、周遊和船「千秋丸」が周航しています。この和船で南湖を約25分かけてゆっくりと一周する船遊びができます。航路周辺の見所を船頭の解説を聞きながら楽しむことができます。
運航毎日。
運航時間:9時始発、以後30分間隔夕方まで(12時〜13時は休憩)
料金600円 東門券売所にて当日分を販売。

 

 

料金と交通アクセス

入園料:400円
開園時間:7時〜17時
駐車場有り
<<アクセス>>
ことでん栗林駅から徒歩約10分



 

    

栗林公園記事一覧

交通アクセスと料金

料金入園料金:大人 400円 ・ 小人 170円開園時間:7時〜17時(季節により変ります)駐車場有り>ことでん栗林公園駅下車 徒歩約10分JR栗林駅下車 徒歩約20分JR栗林公園北口駅下車 徒歩約3分ことでんバス栗林公園前下車 徒歩約1分高速バス栗林公園前バス亭 徒歩すぐ前JR高松駅下車 車で7分...

≫続きを読む

 

見どころ案内

栗林公園案内地図掬月亭栗林公園の中の建物で一番立ち寄りをお勧めするのがこの掬月亭です。南湖のほとりに建ち、旧藩主が使用した茶室で、歴代藩主にこよなく愛された茶屋風の建物の中で最も大きい建物です。掬月亭の名の由来は、南湖に面しており月の眺めが殊更によいので、唐の詩人于良史の作「春山の月夜」と題する詩の...

≫続きを読む

 

舟遊び 和船周航

南湖で舟遊び! 歴代の藩主は、舟遊びといって、池に船を浮かべ、移り変わる庭の景色を楽しんだと伝えられています。その優雅さを来園者の皆さんに楽しんでもらえるよう南湖に周遊和船「千秋丸」が登場しました。 この和船で約25分かけて南湖をゆっくりと一周する船遊びができます。園内の見所を船頭の解説を聞きながら...

≫続きを読む

 

栗林公園の歴史

始まりは豪族の佐藤氏から、領主・生駒氏を経て、松平家へ 栗林公園の始まりは、16世紀後半、当地の豪族佐藤氏によって、現在の小普陀付近に築庭されたのに始まるといわれています。当時は名称も「栗林荘」と呼ばれていました。寛永年間(1625年頃)に、当時の讃岐国領主・生駒高俊(たかとし)公によって南湖一帯が...

≫続きを読む